痛みの改善策

肩こりの治し方。肩が痛い。吐き気をもよおすほどのつらさを解消する

投稿日:

肩こりもひどいものになると、強い痛みを伴うこともありますし、頭痛やめまいを引き起こすこともあります。
そんな肩の痛みをなんとかするにはどうすればいいのでしょう。

なんとかしたい肩こりのつらさを解消するための方法をここでは紹介します。
少しでも痛みを解消するために悩んでいる人は、肩こり解消の参考にしてください。

 

肩こりの原因を知ろう

まずはなぜ肩こりになってしまうのかについて、その基礎知識を頭に入れておきましょう。
原因が分かれば対策を考えやすくもなりますので、自分の肩こりの原因を探るためにも肩こりの原因を知っておいてください。

 

姿勢を変えないことで血行不良になる肩こり

パソコン作業などのデスクワークをしている人の肩こりの原因の多くは、姿勢を変えないことによる血行不良が肩こりの原因になります。
1日何時間も同じ姿勢で仕事をしているのですから、どうしても特定の筋肉だけに負荷がかかります。

その結果として、筋肉が緊張してしまって肩こりになります。
肩こりになると血の流れが悪くなり、さらに筋肉が緊張して肩こりがひどくなるという連鎖により、肩こりがどんどん慢性化してしまいます。

 

眼精疲労による肩こり

意外と知られていませんが、目の疲れが肩こりに影響します。
これでもデスクワーク中心の人に多い肩こりの原因ですが、パソコンやスマホのディスプレイを長時間見続けていると、目が疲れてしまいます。
その疲れが出やすい場所が肩になります。

肩こりに吐き気を伴う場合は、肩こりの原因は肩にあるのではなく眼にある可能性がありますので、目が疲れていないかチェックしてください。

 

運動不足による肩こり

運動をしている人ほど肩こりにはなりにくいという特徴があります。
これは運動をすることで、筋肉の柔軟性が保たれるためで、運動をしない人の筋肉はどんどんと硬くなっていきます。
筋肉が硬くなると、血液の流れが悪くなるため肩こりにつながります。

運動不足になると姿勢も悪くなり、偏った筋肉だけが疲労してしまうため、肩こりになりやすい傾向があります。

 

病気による肩こり

上記の肩こりの原因は、基本的に肩の筋肉を動かさないことにより起こる肩こりですが、実は肩こりになる原因として病気になっている可能性もあります。
椎間板ヘルニアや変形性頚椎症のような骨の周辺の病気になっているケースや、高血圧症や低血圧症でも肩こりになります。

女性の場合は更年期障害でも肩こりになるケースがあります。
これらの肩こりはきちんと通院して根本的な原因を治す必要があります。

 

つらい肩こりの解消方法

それではつらい肩こりをどのように解消すればいいのかについて紹介します。

 

ストレッチによる解消

即効性が高いのがストレッチによる解消方法です。
筋肉を動かしてあげることで、血行が改善しますので、肩の痛みから短時間で開放されます。
ポイントは肩周り肩甲骨周りの筋肉だけでなく、首や腰の筋肉もストレッチすることです。

肩こりの痛みにより、首や腰まで体の背面全体が緊張している可能性があります。
肩周りだけでなく、首や腰の筋肉もしっかり伸ばしましょう。

 

つぼ押しによる解消

肩こりに肩たたきをする人がいますが、肩たたきは肩の筋肉が緊張してしまいますので、効果が低いどころか、肩こりがひどくなる可能性もあります。
そうではなく血の流れをよくするためにつぼ押しを行いましょう。

ただし、最初はどこが正しいつぼなのかがわかりませんので、最初は肩こり専門のマッサージ店などを利用して、どこを押せば肩こりが楽になるのかを学ぶようにしてください。

 

運動による解消

ランニングやスイミングは肩こりの解消に適した運動になります。
運動をすることでストレスの解消にもなり、血行も良くなりますので、肩こり以外の改善効果も期待できます。
1週間に3回程度の運動をすることで肩こりは大幅に解消されます。

いきなり運動というのは難しいという人は、ウォーキングなどから始めましょう。
ノルディックウォーキングのようなストックを使ったウォーキングをすることで、肩の筋肉を効率的にほぐすことが出来るようになります。

 

つらい肩こりは医薬品も併用して痛みを解消する

ストレッチや運動、つぼ押しマッサージなどは一時的には効果があるのですが、効果を感じるためには継続が必要です。
肩こりになるような人は、仕事が忙しくてそれどころではないかと思います。
そんな場合は医薬品を併用することで肩こりを解消することが出来ます。

  • 即効性の高い貼り薬
  • 時間をかけて治す飲み薬

肩こりの解消のためには、上記の2種類の薬を使い分けるようにしてみましょう。
即効性の高い飲み薬もあるのですが、副作用の恐れもありますので、激痛でもない限り湿布薬のような貼り薬で肩の痛みを解消してください。

飲み薬はリョウシンJV錠のような、第三類医薬品でじっくり時間をかけて解消するようにしましょう。
医薬品でも第三類医薬品は副作用のリスクがとても低いため、安心して利用することが出来ます。

ただし第三類医薬品は即効性が低く、継続した服用で改善させるタイプの薬になります。

肩こりはストレッチやつぼ押しマッサージ、運動などでの解消を基本とし、それをサポートするための医薬品を利用することで効果的に痛みを解消しましょう。

-痛みの改善策
-

Copyright© リョウシンJV効果なし口コミの謎|腰痛歴25年のオヤジが検証してみた , 2018 All Rights Reserved.