比較

ドラックストアの薬と病院での処方薬。違いは?より効果があるのは?

投稿日:

リョウシンJV錠は第3類医薬品です。
あまり薬に詳しくない人は「第3類医薬品って何?」となるかもしれません。
どことなくリョウシンJV錠がお手軽な薬であることは理解できても、病院で処方される薬との違いがわからないという人もいるのではないでしょうか。

ここでは第3類医薬品の基礎知識と、病院で処方される薬との違いについて紹介します。
リョウシンJV錠の特徴を把握するためにも知っておきたいことになりますので、基礎知識だけでも頭の片隅に置いておきましょう。

 

第3類医薬品の基礎知識

医薬品の分類には3種類あります。

  • 医療用医薬品(処方箋)
  • 要指導医薬品
  • 一般医薬品

医療用医薬品は病院で処方された薬で、処方箋なしに薬局やドラッグストアで購入することができません。
要指導医薬品は市販品として第1類医薬品になったばかりで、安全性の評価がまだ終わっていない医薬品です。

リョウシンJV錠の第3類医薬品は一般医薬品になります。
一般医薬品は第1類~第3類まで、そのリスクに応じて分類されています。

 

第1類医薬品

第1類医薬品は、副作用などに特に注意して服用する必要がある医薬品です。
ドラッグストアなどでは、薬剤師の説明を受けて購入する必要があります。
ドラッグストアなどで薬剤師不在時に販売できなくなっている薬がこれにあたります。

 

第2類医薬品

第1類医薬品は薬剤師が販売しますが、第2類医薬品は登録販売者も販売することができます。
風邪薬や解熱剤などがこれにあたり、副作用や相互作用について注意が必要とされる医薬品になります。

 

第3類医薬品

第3類医薬品は副作用のリスクがとても低い医薬品になります。
非常に安全性の高い薬ですが、有効成分に限度値があるため、効果も第1類や第2類と比較するとそれほど大きくないものがほとんどで、即効性もあまり期待できません。

 

第3類医薬品と処方箋の違い

処方箋は医師の指示がなければ服用することができない薬になります。
非常に効果が高いものの副作用のリスクがあるため、医師の適切な判断があってはじめて服用することが認められる薬になります。

例えば胃の薬として有名なガスター10ですが、市販品は第1類医薬品として販売されていますが、その倍の効果があるとされている、ガスター20は処方箋が必要な薬になります。
効果が倍になるぶん、副作用のリスクも倍になるため、安易に購入することができない薬とされています。

このように、高い効果と高いリスクのある薬が処方箋だと考えて下さい。
医師の知識と経験でそのリスクを軽減させることによって、初めて販売することができます。

それに対して第3類医薬品は、もっともリスクの低い薬になり、医師の処方箋どころかコンビニで購入することもでき、ネット販売や通信販売も可能になります。
同じ医薬品であっても、ほとんどリスクがなく、安全性が高い薬ということになります。

 

第3類医薬品購入時の注意点

第3類医薬品は副作用のリスクがとても少ない医薬品ですが、100%安全というわけではありません。
安全だと信じて服用すると思わぬ副作用に悩まされる可能性もあります。
服用前に不安を感じる前には第3類医薬品とはいえ、きちんと薬剤師や医師の相談を受けるようにしましょう。

また使用上の注意を必ず読むようにして下さい。
何か問題が発生してから目を通すのではなく、薬の危険性について事前に把握した上で服用するようにして下さい。

第3類医薬品は使用者が自分の判断で購入することができる薬になります。
自分で判断して購入するわけですから、リスクも自分で判断して受け入れることが求められます。
「知らなかった」では済まないのが第3類医薬品になりますので、きちんと副作用などのリスクや、症状が発生したときの対処法くらいは把握した上で服用して下さい。

-比較
-,

Copyright© リョウシンJV効果なし口コミの謎|腰痛歴25年のオヤジが検証してみた , 2018 All Rights Reserved.