比較

ロキソニンSとリョウシンJV錠。痛みを今日どうにかしたい時は?

更新日:

日常生活を困難にするほどの関節痛や神経痛を改善するための医薬品として、ロキソニンがあります。
ロキソニンは消炎鎮痛剤(痛み止め)の薬になり、関節痛や神経痛以外にも、様々な場面で使用される薬のひとつです。

ここではロキソニンの基本情報とともにリョウシンJV錠との違いについても紹介します。

【初回半額】リョウシンJV錠購入ページはこちら

公式通販から注文してすぐ届く

ネットやスマホから注文すれば、最短2日後くらいに届きます。

24時間申込みができるので、電話注文よりも便利ですよ。

ロキソニンの基本情報

ロキソニンは処方薬ですので、ここでは市販されているロキソニンSの基本情報を紹介します。

  • 名称:ロキソニンS
  • 販売:第一三共ヘルスケア
  • 販売価格:648円(12日分12錠)
  • リスク区分:第1類医薬品

 

有効成分

  • ロキソプロフェンナトリウム水和物:68.1mg

ロキソニンは第1類医薬品になり、購入時に薬剤師の説明が必要になる医薬品になります。
関節痛や神経痛を改善するための薬ではなく、痛みそのものをシャットダウンさせることを目的としている薬になります。

そのため、薬の効果がなくなったときには痛みが再発することになります。

関節痛や神経痛に効果があるのではなく、関節痛や神経痛の痛みを一時的に消してしまうことを期待する医薬品がロキソニンです。

第1類医薬品であることから分かるように、効果は非常に高いのですが、副作用も多い医薬品でもあります。

特に胃を荒らしてしまうため、一般的には胃薬と一緒に服用します。

 

リョウシンJV錠とロキソニンの比較

リョウシンJV錠は関節痛や神経痛に対して、ゆっくりと時間をかけて効く医薬品になります。
このため、現在発生している痛みを劇的に改善するということは期待できません。
長い時間をかけて痛みの原因を取り除くことがリョウシンJV錠の特徴になります。

ロキソニンは痛みの原因を取り除くことはできませんが、たったいま発生している痛みを感じさせなくすることができます。
耐え難い痛みを抑えることが期待できますので、痛みで苦しんでいる人にとってはとてもありがたい薬でもあります。

ただしリョウシンJV錠はほとんど副作用もなく、あっても軽いものがほとんどなのに対して、ロキソニンは時には重い副作用が発生する可能性もあります。
重い副作用がないケースでも胃腸に負担をかける医薬品ですので、あまり連続しての服用はおすすめしにくい医薬品でもあります。

「どうしてもこの痛みを一時的になんとかしたい」

そんな関節痛や神経痛に対しては、ロキソニンは有効ですが、痛みの原因に対して根本的な改善を目指す場合はロキソニンではなく、リョウシンJV錠のほうが適しています。
どちらかを選ぶのではなく、両方をうまく使い分けするようにしてみましょう。

【初回半額】リョウシンJV錠購入ページはこちら

公式通販から注文してすぐ届く

ネットやスマホから注文すれば、最短2日後くらいに届きます。

24時間申込みができるので、電話注文よりも便利ですよ。

-比較
-

Copyright© リョウシンJV効果なし口コミの謎|腰痛歴25年のオヤジが検証してみた , 2018 All Rights Reserved.