痛みの改善策

膝痛の治し方。歩くと痛い!膝の痛みを軽減する方法

投稿日:

つらい膝の痛み。
ちょっとそこまで買い物に行くだけでも憂鬱になりますよね。
なんとかしたい膝痛を少しでも軽減することが出来れば、気持ちも晴れて楽しくお出かけできるかなと思いつつも、動けないため家で時間をつぶすだけになることが多いかと思います。

ここでは膝の痛みの原因を考えて、その痛みを軽減するための方法を紹介しますので、膝の痛みで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

 

なぜ膝痛になってしまうのか

それではまず、なぜ膝痛になってしまうのかについて説明します。
膝の痛みを軽減させるためには、その理由をしっかりと把握しておく必要があります。

 

筋力の低下による膝痛

加齢とともに多くの人がなってしまうのが、筋力の低下による膝痛です。
足の筋肉の中でもハムストリングと大腿四頭筋の筋肉が落ちてくると、膝への負担が大きくなってしまいます。
運動をほとんどしていない人は、40代から膝に違和感を感じることになります。

 

スポーツによる膝痛

スポーツをしている人の多くは、大なり小なり膝への不安を持っているのではないでしょうか。
最近流行りのマラソンでも市民ランナーが膝の痛みを経験しています。
ランニングのような繰り返し運動や、球技のような急激な動きの変化などに膝が対応しきれず、痛みを伴うことがよくあります。

スポーツによる膝の痛みの原因の多くは靭帯になり、靭帯を傷めたことから半月板損傷などのケガにつながることもあります。

 

脚の形による膝痛

脚がまっすぐにきれいな人はあまりいません。
ほとんどの人がO脚かX脚になり、まっすぐでないことが、膝の内側や外側に偏った負荷をかける事になります。
この状態で生活を続けることで、膝の関節はゆっくりと変形してしまいます。
偏った負荷が軟骨をすり減らし痛みを発生させることになります。

 

病気や怪我による膝痛

スポーツをすることによるケガも膝痛の原因のひとつですが、事故などの後遺症や、関節リウマチのような病気の影響で膝の痛みが発生することがあります。
関節リウマチは遺伝的な要素が強く、原因がわからないため治療が難しい病気のひとつです。

 

膝痛を軽減する方法

それでは膝の痛みは、どのようにすれば軽減することができるのでしょう。
歩くという動作をする以上、膝痛を完全に解消することは難しいのですが、少しでも痛みを緩和するための方法がありますので、その軽減方法について紹介します。

 

まずは安静にすること

膝が痛いなと感じたら、まずは安静にすることが重要です。
特に運動中に痛みを感じたときは、無理をせずにただちに運動を中止してください。
痛みを感じたときは重いものを持つこともできるだけ避けてください。

1日か2日程度安静にして、痛みがなくなってきたら少しずつ動くようにしましょう。
ただし運動など避けて、ウォーキングなどのできることから始めるようにしましょう。

 

サポーターや器具で膝を守る

膝の状態がどうしようもないくらいに悪い場合は、器具やサポーターを使って膝を守るようにしてください。
器具を使うことで膝痛の原因がなくなるわけではありませんが、現状よりも膝の状態を悪くしないための軽減方法になります。

器具やサポーターの使用は医師の判断で行うことになりますので、必ず病院に行ってから使用するようにしてください。

 

慢性的な痛みは温めて軽減する

膝の痛みが慢性化している場合は、血の流れが悪くなっている可能性があります。
そのため血行を良くするために膝を温めることで痛みを軽減することができます。
整形外科などで赤外線や低周波治療器を利用しているのもこの考え方によるものです。

温泉で治療する方法もありますが、治療には時間がかかりますので、普段は自宅のお風呂でゆっくりと膝の曲げ伸ばしを行いましょう。

 

運動することで軽減する

膝の痛みの多くは筋力の低下によるものです。
運動を習慣化することで膝の痛みが解消することもありますので、まずは散歩をすることから始めてみましょう。
いきなりランニングを始めると膝への負荷が大きくなりすぎて、膝痛が悪化する恐れがあります。
まずはゆっくりウォーキングから始めましょう。

 

膝痛を軽減するための薬の使い方

膝痛を軽減するための方法を紹介してきましたが、どうしても痛みが引かない場合や回復が見られない場合は、薬を使うのもひとつの選択肢になります。
薬を使うと副作用が心配という人もいますが、最近は副作用の少ない膝痛軽減のための薬がいくつも販売されています。

例えばテレビCMなどでおなじみのリョウシンJV錠は、服用を継続することで膝周辺の血流を改善しながら、膝の痛みも抑えるような第三類医薬品です。
即効性はありませんが副作用もとても少なくて安全な薬ですので、安心して利用することが出来ます。

今すぐに膝の痛みを解消したいときは解熱鎮痛薬が有効ですが、すぐに薬が手に入らないときは、氷で冷やして安静にしておくという方法もあります。

  • ゆっくり時間をかけて治すリョウシンJV錠のような第三類医薬品
  • 即効性のある解熱鎮痛薬、もしくは氷での冷却

この2種類を上手に使い分けましょう。

解熱鎮痛薬を使うときは、痛みが引いても絶対に無理はしないように注意してください。
痛みが引いても、それは痛みが麻痺しているだけですので、無理をすれば、痛みが治るどころか悪化することになりますので、必ず安静してください。

-痛みの改善策
-

Copyright© リョウシンJV効果なし口コミの謎|腰痛歴25年のオヤジが検証してみた , 2018 All Rights Reserved.