比較

コンドロイチンZS錠とリョウシンJV錠。成分が違うけど効くのは?

更新日:

テレビCMの影響でとても認知度の高い、関節痛に効果がある医薬品がコンドロイチンZS錠になります。
CMを見ているとどんな痛みでもスッと引いてくれるイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょう。

ここではコンドロイチンZS錠の特徴とリョウシンJV錠との比較について紹介しますので、関節痛のための医薬品を探している人は参考にしてください。

【初回半額】リョウシンJV錠購入ページはこちら

公式通販から注文してすぐ届く

ネットやスマホから注文すれば、最短2日後くらいに届きます。

24時間申込みができるので、電話注文よりも便利ですよ。

コンドロイチンZS錠の基本情報

関節痛に効果が期待でき、しかもテレビCMを流している医薬品ですのでとても信頼度が高そうなコンドロイチンZS錠ですが、まずはその基本情報についてチェックしていきましょう。

  • 名称:コンドロイチンZS錠
  • 販売:ゼリア新薬
  • 販売価格:5600円(30日分180錠)
  • リスク区分:第3類医薬品

 

有効成分

  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:260mg

コンドロイチンZS錠の有効成分はコンドロイチン硫酸エステルナトリウムのみです。
他の医薬品はビタミンB群を含めることで痛みの緩和を狙いますが、コンドロイチンZS錠は関節の軟骨を保護することだけに注力して作られた医薬品になります。

コンドロイチンは体の水分をコントロールすることができ、この力により消耗してしまった軟骨の正常化を狙うことになります。
またコンドロイチンには発痛物質をコントロールする効果もあります。

他の医薬品がビタミンB群で行っている痛みの緩和をコンドロイチンのみで行うのが、コンドロイチンZS錠の特徴になります。

 

リョウシンJV錠とコンドロイチンZS錠の比較

コンドロイチンZS錠のCMを見ていると、コンドロイチンZS錠には即効性があるように感じますが、実際はリョウシンJV錠と同じく、継続して服用することで痛みの緩和を狙うことになるタイプの医薬品になります。

コンドロイチンZS錠は、リョウシンJV錠同様に副作用が少ない医薬品であるという共通点もあります。
副作用が少ない医薬品の多くはすぐには結果が出にくいため途中で「効かない」と判断して長続きしないケースが多くなります。
コンドロイチンZS錠もリョウシンJV錠も飲み始めたら1ヶ月は継続して服用する必要があります。

リョウシンJV錠は、ビタミンB群を中心に様々な成分を組み合わせることで、痛みの原因へのアプローチと、痛みのそのものを緩和します。
それに対してコンドロイチンZS錠は、コンドロイチンのみで痛みの原因へのアプローチと痛みそのものの緩和を行います。
どちらのほうが効果を得られるかは体との相性もありますので、できればどちらも試して自分に合うほうを選ぶことをおすすめします。

【初回半額】リョウシンJV錠購入ページはこちら

公式通販から注文してすぐ届く

ネットやスマホから注文すれば、最短2日後くらいに届きます。

24時間申込みができるので、電話注文よりも便利ですよ。

-比較
-

Copyright© リョウシンJV効果なし口コミの謎|腰痛歴25年のオヤジが検証してみた , 2018 All Rights Reserved.