比較

アリナミンEXプラスとリョウシンJV錠。膝の関節痛により効くのは?

更新日:

リョウシンJV錠と成分が同じ医薬品があります。
アリナミンEXプラスがそのひとつになります。
アリナミンEXプラスは武田製薬の医薬品で、ドラッグストアなどでも簡単に購入できる医薬品になります。

ここではアリナミンEXの基本情報とともにリョウシンJV錠の違いについてチェックしていきましょう。

【初回半額】リョウシンJV錠購入ページはこちら

公式通販から注文してすぐ届く

ネットやスマホから注文すれば、最短2日後くらいに届きます。

24時間申込みができるので、電話注文よりも便利ですよ。

アリナミンEXプラスの基本情報

それではまずアリナミンEXプラスの基本情報について紹介します。

  • 名称:アリナミンEXプラス
  • 販売:武田薬品工業
  • 販売価格:4080円(40日分120錠)
  • リスク区分:第3類医薬品

 

有効成分

  • フルスルチアミン(ビタミンB1):100mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6):100mg
  • シアノコバラミン(ビタミンB12):1500μg
  • ビタミンEコハク酸エステルカルシウム:103.58mg
  • パントテン酸カルシウム:30mg
  • ガンマ-オリザノール:10mg

アリナミンEXプラスは関節痛や神経痛に効く薬としては販売していません。

アリナミンEXプラスに期待できる効果は次の3点になります。

  • 目の疲れ
  • 肩こり
  • 腰の疲れ

神経や筋肉に働きかけ、血液循環を改善することで体をより良い状態にするための医薬品がアリナミンEXプラスになります。

 

リョウシンJV錠とアリナミンEXプラスの比較

添加物に多少の違いがあるものの、その成分は「ほぼ同じ」ですので得られる効果はアリナミンEXプラスもリョウシンJV錠も同じになります。

ただしリョウシンJV錠は関節痛や神経痛に効く薬として販売されていますが、アリナミンEXプラスは「目の疲れ」「肩こり」「腰の疲れ」に効果がある薬とされています。

アリナミンEXプラスのほうが安く、ドラッグストアなどでも購入可能ですので、リョウシンJV錠ではなく、アリナミンEXプラスを購入する人も少なくありません。

成分がほぼ同じで、安く手軽に入手できるという点ではアリナミンEXプラスに分があります。

ただし、アリナミンEXプラスは15歳未満の服用ができないことになっていますが、リョウシンJV錠は11歳以上15歳未満であれば、1回量を減らすことで服用可能になっています。この差がどこにあるのかはわかりません。

ただリョウシンJV錠は11歳以上であれば服用できますので、その差にメリットを感じられるかどうかという点がポイントになります。

実際に子供が服用するというよりは、誤飲の可能性を考えたときに、11歳以上とはいえ、子どもが飲んでも大丈夫というのは、ある程度のアドバンテージに感じる人もいるかと思います。

安さと入手性を重視するか、11歳以上の子どもが飲んでも大丈夫という点を重視するかを選択材料のひとつとしてください。

【初回半額】リョウシンJV錠購入ページはこちら

公式通販から注文してすぐ届く

ネットやスマホから注文すれば、最短2日後くらいに届きます。

24時間申込みができるので、電話注文よりも便利ですよ。

-比較
-

Copyright© リョウシンJV効果なし口コミの謎|腰痛歴25年のオヤジが検証してみた , 2018 All Rights Reserved.