比較

アクテージAN錠とリョウシンJV錠。症状によっての使い分けるといい?

更新日:

ヒザなどの関節痛・腰痛の緩和に効果があるとされる、テレビCMでもおなじみのアクテージAN錠。
ヒザの痛みの緩和を強調しているのですが、実際のところアクテージAN錠はどのような医薬品になるのでしょう。

ここではアクテージAN錠の特徴を中心に、リョウシンJV錠との比較についても紹介しますので、関節痛で悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

【初回半額】リョウシンJV錠購入ページはこちら

公式通販から注文してすぐ届く

ネットやスマホから注文すれば、最短2日後くらいに届きます。

24時間申込みができるので、電話注文よりも便利ですよ。

アクテージAN錠の基本情報

関節痛に効果を期待できるアクテージAN錠ですが、まずはその基本情報について見ていきましょう。

  • 名称:アクテージAN錠
  • 販売:武田薬品工業
  • 販売価格:6980円(33日分200錠)
  • リスク区分:第3類医薬品

 

有効成分

  • フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1):109.16mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6):20mg
  • シアノコバラミン(ビタミンB12):60μg
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:800mg

アクテージAN錠はビタミンB群とコンドロイチンが有効成分になります。
コンドロイチンにより関節の軟骨を保護し、ビタミンB群により痛みの緩和を狙います。
2重の効果を期待する仕組みになっているため、価格は少し高めですがより高い効果を得たい人向けの医薬品になります。

第3類医薬品ですので副作用は少なくなりますが、添加物に含まれる塩酸グルコサミンにカニやエビ由来の原料を使用しているため、甲殻アレルギーの人は服用することができません。

 

リョウシンJV錠とアクテージAN錠の比較

リョウシンJV錠はビタミンB群の効果と血行の改善を狙っている医薬品ですが、アクテージAN錠はビタミンB群の効果とコンドロイチンによる軟骨の保護が狙いになります。
基本的な痛みの緩和のための方向性は同様で、痛みの原因を緩和するための考え方が違います。

関節痛でも明らかに軟骨に問題がある場合はアクテージAN錠が向いているのですが、痛みの原因が分からない場合は、総合的に効果が期待できるリョウシンJV錠が向いています。

痛みがまだ大きくないのであればまずはお試し価格で購入できるリョウシンJV錠で痛みが緩和するのかをチェックして、効果が出ないようであればアクテージAN錠に切り替えるという方法もあります。

しかしそんな時間をかけなくても病院で確認してもらえばすぐに原因がわかりますので、まずは病院でお医者さんに痛みの原因を教えてもらいましょう。

どちらも長期の服用で効果を実感できる医薬品ですので、突発的な強い痛みがある場合は解熱鎮痛剤などの、即効性の高い痛み止めで痛みを抑えるようにする必要があります。
なかなか効果がわかりにくい医薬品ですが、諦めずに服用を続けることが大切ということもリョウシンJV錠とアクテージAN錠の共通点になります。

【初回半額】リョウシンJV錠購入ページはこちら

公式通販から注文してすぐ届く

ネットやスマホから注文すれば、最短2日後くらいに届きます。

24時間申込みができるので、電話注文よりも便利ですよ。

-比較
-

Copyright© リョウシンJV効果なし口コミの謎|腰痛歴25年のオヤジが検証してみた , 2018 All Rights Reserved.